動物に関わる雑学や小ネタなどのおもしろ楽しめるコピペの数々をご紹介するブログです。

ダチョウは馬より速い

こんばんは、燃えPaPaです。

ダチョウの最高速度は時速70kmに対し、馬は時速40~48km。

もちろん馬が昔から移動に使われてる理由は安定、長時間走れるからで、
ダチョウは最高速度では長い間走れませんが、
それでもこの速度はすごいですね。

燃えPaPa

闘牛

こんばんは、燃えPaPaです。

闘牛といえば、マタドールの持つ赤い布をめがけて突進していくが、
牛の色覚は白と黒と灰色の区別しかつかないので、
これは赤い色に興奮しているのではなく、揺れ動くものに対して危険を感じているために突進しているといわれている。

なので、悲しいことになぜ闘牛士の布が赤いのか?という質問に、
よく牛は赤に興奮するので、的な回答は正しくないようです。

燃えPaPa

動物の利き腕

人間だけではなく、サルや猫にも右利き左利きがある。

日本人は9割以上が右利きといわれているが、動物の場合は一対一。


人間の方が珍しいようで、意外ですね。

サイのツノは骨ではなくて毛が固まってできたもの

こんばんは、燃えPaPaです。

これは驚き動物雑学なのですが、

サイのツノは髪の毛とほぼ同じ成分の「ケラチン」というタンパク質から出来ている。

あんなに硬くて巨大なのに・・・
生き物って不思議ですよね。

燃えPaPa

羊の毛は伸び続ける

家畜用のヒツジたちは、たくさん羊毛が取れるようにと品種改良をされているので、
放っておくと毛は一生伸び続けてしまう。

そのため、ほっておくと体温調整に害が出たり、
倒れたら起き上がれなくなったり、不利益が多く、
人に毛を刈ってもらわねばいけない仕組みになっています。

燃えPaPa

コアラの睡眠時間

こんばんは、燃えPaPaです。

前回記事にて、
キリンの睡眠時間が異様に短いことは書きましたが、
じゃあ逆に長いのは誰なの?というと、

コアラ

コアラの睡眠時間は22時間とされており、1日の大半を眠って過ごしているということになります。
主食のユーカリの毒素の分解のためにエネルギーを使うため、
ほぼ1日中寝てるとされています。
いや、そんなもん食うなよ、という野暮なツッコミはしないでおきましょう。

燃えPaPa